王様ゲーム

夕日も落ちて来た頃

楽しくバーベキューしている所に

ごっついバイクにまたがった、革ジャンを着た

おじさん達(っていっても20代半ばくらいの人達)が挑発するように

爆音を立て私達の近くを往復する。

 

 

一斉に男の子達が立ち上がり

睨みを利かせ向かおうとするところ

例の一平君が

「おい、やめとけ」

ってこの一言で男の子達を止めた。

 

(この人喋れるじゃーん。男らしいって言われてた意味はこれかー)

ってそんな意外な姿に関心しつつ、ギャップのお陰で少し彼に興味が沸いた。

 

完全に暗くなった頃

ジャラジャラっと、割り箸のこする音。

私達が大好きな王様ゲームが始まった。

 

 

ドキドキしながら当たらないように願う。

 

王様のにんまり顔。

 

見事に当てられた。

 

相手は一平。

 

命令は「ソーセージを食べさせる。」だった。笑

 

一平から私の口に割り箸でソーセージが運ばれ

美味しく頂きました。

 

その間も終始シャイな彼

なんか奥手そうな雰囲気が伝わってくる。

 

その後もゲームは続き

 

○○毛ファイヤーとか

膝枕

ハグ等、

 

結構盛り上がってました。

 

 

そして

王様からの最後の命令は

「キスーーーー」

 

 勢い良く一平の番号がよばれて

「俺ーーー?」

 

 っとかウダウダ言ってる時

 

私の番号も指定された。

 

げーーーーーーーーーー。

 

でもそんな嫌じゃない。

 っと思いつつ

 

みんなに後押しされ

 

私達は隣同士に座った。

 

 

一平は

「いい?」って聞きながら

軽く唇にキスしてきた

そのまま

やさしく少し強引に押し倒してきた。

 

 

え??????

 

私はキスされたまま

空を見上げてました。

 

波の音が広がるビーチで

真っ暗な空に広がる星はすごく奇麗で

 

なによりも

これが私の人生最大の恋に落ちた瞬間でした。